子育てにかかる費用の平均

赤ちゃんが生まれるまで、または赤ちゃんが生まれたあとに不安に感じる人が多いのが、子育てにかかる費用のことです。潤沢な資金がある家庭ではまったく気になることはないでしょうが、生活にゆとりがないと今後やっていけるのか心配になってしまいます。このサイトでは、子育てにかかる費用の悩みを解決する手段を複数ご紹介します。このページではまず、子育てにかかる費用の平均を説明させていただきますので、興味のある方はぜひご一読ください。

0歳~大学卒業までにかかる費用は幼稚園~大学まですべてが公立の場合で1,000万円程度、私立の場合で公立の2倍程度です。細かくみていくと、0~3歳までのあいだに400万円程度のお金がかかることが多いです。幼稚園では公立で65万円程度、私立で145万円程度、小学校は公立で180万円程度、私立で850万円程度、中学校では公立で135万円程度、私立で390万円程度、高校では公立で115万円程度、私立で290万円程度、大学では公立で250万円程度、私立の文系で340万円程度かかります。なお、このデータは文科省によるものです。かなりのお金がかかることにビックリした人もいるのではないでしょうか。

現状で十分に足りる家庭はよいのですが、不足が予想される人は生活の見直しが必要です。一番いいのは副業をしたり転職したりして収入を増やし、貯蓄をしていくことです。別のページではこの方法以外に育児にかかる費用の問題解決に役立つ情報を提供していますので、あわせてご覧ください。